Papa's ocean (癒しの暮らしを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 生涯最良の日

<<   作成日時 : 2010/01/30 18:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

1月27・28日 息子の受験でした。

目指すは 現在、姉(娘)が通っていて、私の母校でもある小学校。




27日は ペーパーテスト と 行動や軽い運動、工作又は絵など図工的なもの

28日は 子供の面接 と 保護者(嫁)の面接 でした。
 
なんせ 幼稚園児ですから 出来たのか?ダメなのか?全く判りません







今まで家族団結して みんなで頑張ってきました。

娘なんて どこで覚えたのか前日にお百度を踏むとか言い出すし・・・

おじいちゃん おばあちゃん 親戚 友人 知人 塾の先生 にも随分良くして頂きました。

勿論、最後には神様や御先祖様にも お願いをし、臨みました。



彼は彼なりに 初夏からすごく頑張ってくれました。

怖いくらいの教育費も掛かりましたが、ここまで頑張ってくれたんだから

結果にかかわらず、彼にとってもいい経験になったと思います。







29日 一次合格者発表 その後抽選

家を出る前 着替えを済ませ 嫁に「よく頑張ってくれて有難う」と一言。

コレは 結果後ではなく 先にどうしても言いたかったので。



嫁とバス(公共交通機関)で 学校へ向かう。

少しでもゲンを担ぐ。

「結果がどちらになっても 納得やな!」 と話をしながら到着。







この時点で、何人の募集で 何人一次合格で 二次で何人落ちるかも判りません。

新入学生は 男子60名 女子60名の 計120名が決まっているだけです。

一歩一歩進んで (ドキドキ 嫌なものです)

そこそこ見える位置まで近付いてみると


画像



嫁 「ないぃ〜っ」

      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
P 「無いみたいやなぁ〜 残念やけど」





































嫁 「えぇっ ある!」

P 「あるわ!112やなぁ」



























嫁 「あるある ワー ヤッター!」

P 「今まで45年生きてきて一番嬉しいわ!」

画像






息子よ



よくやった!



パパは嬉しいぞ!




掲示に番号があった方は この時点で かなりの方が目ウルウルです。

いろんな事が 走馬灯の如く・・・

しかし 心を切替えなければ ・・・






さぁ ここからが私の出番

問題の抽選です。

これが嫌やなんだなぁ〜



以前に 何故か抽選の教室に着くのが遅れ 参加できなかった人や

不合格になった後 嫁に殴られていたお父さんがいたり 怖いものです











抽選の教室に移動

学校の募集の120名の内 幼稚園からの連絡進学が 男子29名 女子30名

差し引きすると 二次合格者は 男子31名 女子30名

一次合格者は 男子38名 女子36名

つまり 私の抽選は 31/38

(因みに 今年の男子受験者は 130人程度でした)



先ず、抽選の順を決める抽選をします。

男子の18番目 (いい数字だ ) に決定。

順番が来ると 箱の中の封筒を1つ選び引きます。

それを校長先生に渡し、確認をしていただき、

名前を記入後、隣の先生へ

先生が開封のハサミを入れます。

封筒を受け取り 教室を出て廊下で 中を見ます。

ここが 最高の緊張です






何故? 抽選があるのか?

小さな子供の当落がたった1回の選考で決まるのは あまりにも酷。

そこで 緊張や体調などのことも考え少しだけ巾を持たせ、

今回は約2割増しで 一次合格を決めるという趣旨と

万が一学校内部者による不正があっても 少しでも公正を期すためです。





娘の時も 私が抽選を引きました。

あの時は 何か通るような気もしており、ダメもと的な感じもありましたが、

今回ばかりは どうしても通してやりたくて









封筒を手に 廊下へ

合格なら 廊下をまっすぐ進み 理科室で説明・手続き

不合格なら 直ぐ横の階段を下りて帰ることに・・・











あー いやだ〜

強烈な緊張に包まれながら 中の紙を取り出すと















































合格


の二文字


やった〜!





こんなに幸せなことが 現実に起こるなんて〜

廊下を進み 嫁の待つ校庭を覗くと 手を合わし祈ってました

なかなか気づきません。

やっとこちらに気づき 大喜び

早速 お知らせ電話をかけに行きました。







理科室に入ると お母さん方はほとんど涙を流されてました。

皆さんの思いがわかる何とも言えない空間です。








なんと言っても お世話になった方々に 感謝 感謝です。

この感謝の気持ちを忘れないように これからも頑張ります !


応援してくださった皆様 本当に有難うございました










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
抽選・・・最悪だなこりゃぁ〜!
ハズレ引いたら離婚ものじゃないですか?

なにはともあれおめでとうございます!

我が家の娘も高校受験で、29日滑り止めの
私立の合格発表があり、メイクミラクルで
合格、しかし本命は公立(金、貧)まだ気
は抜けません!
だいぼー
2010/01/30 22:26
息子さん合格おめでとうございます!!
親子共々がんばった甲斐がありましたね!

それにしても公正を期す為とはいえ
選考に通ったのに抽選でもれてしまった人は
無念でしょうね…

我が家も息子の入試まで
ひと月を切ってしまいました…
まだ自分が受験する方がマシと思えるほど
ドキドキです

chika
2010/02/01 01:36
だいぼーさん
ありがとうございます。
ウチは離婚までは行かなくても
引越しを考えてました。
まぁやっと落ち着きました。

娘さんも両方合格できますように!
もう少しです。頑張ってください。
papa
2010/02/01 08:43
見ているこちらまでドキドキするような記事ですね^^;
しかし合格ということで何よりです♪
親孝行なお子さんですね〜。

受験・・・いやぁ〜嫌な言葉ですね^^;
僕はあまり良い思い出が無いです。
というか第一志望は高校も大学も落ちました。(笑)
hoki
2010/02/01 22:18
hokiさん
ありがとうございます。
すべり止めとか無しで、ココ一本でしたから
緊張しましたぁ〜

そうですねぇ 私も受験にいい思い出はないです。
高校も大学も全く予定外の所に行きましたから。

まぁ 少しだけノンビリさせていただきます。
papa
2010/02/02 08:32
息子さん合格おめでとうございます
そしてお疲れ様でした。
小学校受験は親の受験とも言われるくらい、親が緊張しますよね!

私も小学校受験経験者ですが、面接は今まで生きてきた中で
一番緊張しました
(当時面接官だった先生に廊下でお会いすると、背筋がピンとなります\(;゚∇゚)/)
うちも抽選しましたよ〜!!
合格が分かったときの喜びはひとしおですが、ダメだった方が退出されて
行かれるのを見送るのは何とも言えない気持ちになりますよね

とにかく本当良かったですね!
心よりお祝い申し上げます




aruku
2010/02/02 12:59
arukuさん
ありがとうございます。
ウチの場合は 廊下で独りぼっちになってから
合否を見るので どの方がどうかまでは
説明の部屋に入ってからしか判りません。
辛そうな姿は見なくて済むので精神的にはマシかな?

何故か合格した人の方が涙ぐんでいるのと、
最後に残った封筒には合格が多い。

息子にシュノーケルセットをせがまれてますぅ
今年は何とかして 南の島へ行きた〜い!
papa
2010/02/02 18:53
chikaさま
ありがとうございます。
知り合いの方の何人かも抽選で残念なことに・・・
やりきれないと思います。

そりゃ 自分の受験の方が楽ですけど
息子さんを信じて頑張ってください。
chikaさん家にもいい事ありますように!
papa
2010/02/04 08:14
おめでとう! 
Pさん、奥様、 夏から週末、毎朝の送り迎えおつかれさまでした。
S司君にもしらせなきゃ!!
Imayan
2010/02/06 07:20
Imayanありがとう。
何とかなりましたぁ〜
次は 娘の番ですが
押しても引いても動きもしません
というか
暖簾に腕押し 糠に釘ですか
papa
2010/02/08 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
生涯最良の日 Papa's ocean (癒しの暮らしを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる